HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類

「鉄壁の守備、破れるか!!」 白馬将軍のデッキ構築 群単

ラリー(以下ラ)「いつも通り伯珪殿に来ていただいてます。今回は群単です」

伯珪(以下伯)「うむ。士気12使えるのが単色の1番のメリットだな。と、言っても大型計略が少ないがな」

ラ「そうですねぇ・・号令ですら暴虐、全突、虚誘の3つだけですからね。しかも兵種単だったり状況限定だったりと、まともに撃てるのが暴虐だけなのですが、こっちも城ダメのリスク付きなので考えモノです」

伯「まぁ、消耗戦が得意な勢力だからな。こればかりは仕方ないだろう。ある意味デッキ構築が難しいと思うが今回もよろしく頼む」

ラ「わかりました。では群単デッキです」

サンプル1

白馬完殺デッキです。
ラ「大戦3初期稼働時、壊れとまで言われたR高順を早めに自引きしたので組んだデッキです。禰衡のレベルが高いのはこの為です。基本的に白馬陣で攻めあがりますが、槍が多めの時は完殺の計でせん滅する感じです。指鹿為馬>完殺2度掛け>退路遮断のデスコンボも搭載してます」

伯「見事なテンプレだな(笑)」

ラ「この時期テンプレという言葉自体知らなかった上、wikiとか見ない人間だったので、後からみたらテンプレでした。という感じです。この時期知り合いの大尉の人に使ってもらったのですが、「プレイスキルはないけど、デッキ構築センスはあるね」っていわれました(笑)」

サンプル2

ラ「白馬バラです。R高順がかなり弱体化したので、現バージョンで使うのは厳しいか(笑)」

サンプル3

ラ「白馬象。昇陣を有効に使うタイプ」

サンプル4

ラ「回転系の白馬象。これだと白馬陣が生かせられないか。UCホウ徳>C木鹿に割り切るのも面白いけど、常に足並みを崩さないとキツイデッキか」

今回はこの辺で。次回は漢群です。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://wondering3rdplanet.blog116.fc2.com/tb.php/327-c4d55795

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。