HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>近況報告(日記)

洋画に用がある・・・   その2

1408号室 [DVD]1408号室 [DVD]
(2009/03/20)
ジョン・キューザックサミュエル・L・ジャクソン

商品詳細を見る


【STORY】
娘を亡くし、頑なに現実しか信じられなくなったオカルト作家 マイク・エンズリン
(ジョン・キューザック)の元に、ある日、ニューヨークのドルフィンホテルから一通の
葉書が届く。そこには、「絶対に1408号室に入ってはいけない」と書かれてあった。
その後、彼は”1408号室に宿泊した56人の客が全員一時間以内に死亡した”という
驚愕の事実を知る。オリン支配人(サミュエル・L・ジャクソン)の執拗なまでの忠告を
無視し、遂にマイクは1408号室の扉を開けた。そして― (商品ページより抜粋)

同僚からのオススメその2。前評判も高いようでしたが、見た後の評価は60点。スリラーとしての盛り上がり方が遅い上、始めはお化け屋敷レベルと期待外れ。頻繁に出てくる幽霊?は日本人にとってには耐性あるので正直怖いというレベルまでいってない。後半になると精神攻撃まで仕掛けてきますが、内容が意味不明。これがパニックスリラーなんでしょうか?

スリラー好きの人が見れば評価も変化するでしょうが、私的にはこんな感じですかね。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://wondering3rdplanet.blog116.fc2.com/tb.php/356-e3822677

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。