HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>文化事業(アニメ・ゲーム・映画・音楽)

装甲悪鬼村正

装甲悪鬼村正 限定生産版装甲悪鬼村正 限定生産版
(2009/10/30)
Windows

商品詳細を見る


【序言(あらすじ)】超能の鎧「劔冑(ツルギ)」を駆る戦士「武者」が戦場を席巻する世界。 非公式の警官を称する男・湊斗景明は、赤い劔冑「村正」を纏い、ある時は卑劣な連続殺人犯に、またある時は軍兵の暴虐に挑み、最強の武者たる己の力をもって打倒する。だが決して、彼が正義を称することはない。「鬼に逢うては鬼を斬り、仏に逢うては仏を斬る」――劔冑との合身を果たす時に彼が口にする一句、それは過去を語り未来を予言する、真実の言葉なのである。 彼は殺すのだ。悪だけでなく、悪に虐げられていた善良な人々をも。……これは驚くべきことであろうか? 否。 何故なら彼の劒冑の銘は勢洲右衛門尉村正。呪われし「妖甲」、かつて大和全土を地獄に変えたことすらある、かの村正なのであるから



全体的な感想としてみると、内容が内容なので純愛ゲー派やライトユーザー受けはしない、つまりは万人受けしない作品であることは明白。デモンベイン好きでも「村正」は評価が分かれるはずです。

正直、HAPPY ENDを期待するのは間違い。
ただ純粋にストーリーは最高、キャラも敵、味方と個性有りまくりで物事云々別にして”生きてる”感が溢れてます。

そしてエロゲーとは思えないほど、3Dモデルで作成された劔冑(ツルギ)がヌルヌル動く、随所に挿入されたアニメーションに驚愕できます。

あと、エロCGはなくてもいいくらい。(エロゲーなのに)


キャッチコピーでもあるように
「これは英雄の物語ではない。英雄を志す者は無用である。」

プレイした人のなかで第1章のラストで挫折する人多いと思います。けど、正義と悪は表裏一体。善悪相殺を掲げ、苦悩しようとも足掻き続ける生き様は素晴らしい。

「装甲悪鬼村正」ニトロプラス10周年にふさわしい作品だと思います。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://wondering3rdplanet.blog116.fc2.com/tb.php/500-7bc43337

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。