HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>文化事業(アニメ・ゲーム・映画・音楽)

【感想】 剱岳 点の記

劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]
(2009/12/11)
浅野忠信香川照之

商品詳細を見る


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
名カメラマンとして知られる木村大作が初監督、浅野忠信が主演を務めたドラマ。明治時代末期、陸軍参謀本部より日本地図最後の空白地点、劔岳の登頂を命じられた測量手の柴崎芳太郎が、案内人の宇治長次郎ら仲間と共に山頂を目指す。


剱岳・立山連峰を舞台に映し出される圧倒的な自然美の数々。CGや特撮なしでこの映像を撮ったのは賞賛に価するかと。しかしなんというか感動大作ではあるけど、映画として見るなら正直微妙と言わざるえないかも。

ストーリー的には淡々と進む印象の上、過酷なはずの雪山で台詞が多いのはどうか思う。

まぁ、雄大な剱岳・立山連峰の映像を見るだけでも価値はあると思います。



余談ですが、松田龍平演じる信が岩壁から落下するシーンに不自然さを感じたのは自分だけでしょうか?
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://wondering3rdplanet.blog116.fc2.com/tb.php/560-822527f4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。