HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>書籍関係(マンガ・ノベル・小説)

【感想】 バカとテストと召喚獣 1

バカとテストと召喚獣 第1巻 [DVD]バカとテストと召喚獣 第1巻 [DVD]
(2010/04/23)
下野紘原田ひとみ

商品詳細を見る


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
井上堅二のライトノベルのアニメシリーズ第1巻。進学校の文月学園で、最底辺のFクラスに沈む吉井明久。同じクラスの健気な才女・姫路瑞希のため、彼はクラス争奪バトル「試験召喚戦争」に挑戦する。第1話「バカとクラスと召喚戦争」と第2話を収録。


なにやら久しぶりな感じもしますが、「バカテス」こと「バカとテストと召喚獣」アニメシリーズ1巻になります。

原作のファンでもありますが、贔屓目なしでも面白いです。原作とは違ったアニメオリジナルの展開で、原作未読の人でも楽しめるのではないかと。

個人的に最近多いハーレム物じゃないのもポイント高いかと。
そういうのが好きな人も多いでしょうが、正直お腹いっぱいなんですよ!!
しかしこの作品は

吉井明久 男
坂本雄二 男
土屋康太(ムッツリーニ) 男
姫路瑞希 女
島田美波 女
木下秀吉 秀吉

と、バランスが取れた男女比率!これぞ学園モノって感じですよね!!




・・・・え?
何かおかしいですか?

何も間違ってないんだけど。

主人公のバカさ加減とストーリーのテンポの良さ、次巻も期待したい所です!




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://wondering3rdplanet.blog116.fc2.com/tb.php/603-5120c625

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。