HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>文化事業(アニメ・ゲーム・映画・音楽)

【感想】 BIOHAZARD ディジェネレーション

バイオハザード ディジェネレーション コレクターズ・エディション [DVD]バイオハザード ディジェネレーション コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/12/26)
アリソン・コート/甲斐田 裕子ローラ・ベイリー/安藤麻吹

商品詳細を見る


内容紹介
ラクーンシティの惨劇から7年ー。 あの恐怖が蘇る。

【ストーリー】
ラクーンシティで起きた『アンブレラ事件』。 最大手製薬会社アンブレラ社が生み出したt-ウィルスには生物を凶暴化させる効果があった。しかし、このウィルスが感染拡大したことにより住民らがゾンビ化したため,米国政府はミサイル攻撃による<滅菌作戦>を実行し,ラクーンシティは消滅することになった。 忌まわしい事件から7年。惨劇は再びアメリカ中西部工業都市の空港で起ころうとしていた。バイオテロや薬害被害者救済を行うべく,NGOに所属していたクレア・レッドフィールドは空港利用客の中にゾンビを発見。警備員が噛まれたことを発端に次々と一般客や空港職員が感染していき空港内は大パニックとなる。時同じくして,空でも旅客機内でウィルス感染者が出たことで緊急着陸するべく空港へ向ったが,パニックなっているロビーへ激突してしまう。さらに機内から降りてきた乗組員や乗客らは皆ゾンビ化していた。 一方,合衆国大統領は直轄のエージェント,レオン・S・ケネディに任務を授け,事態鎮圧の特別指揮官として空港へ向かわせるが…





【感想】
期待はしてませんでしたが、見てみたら面白かった作品ですね。全編CGアニメです。
一応時系列的には4の後の話みたいですが、ゲームの印象が強かったせいか、レオンの顔が険しいというか目が鋭すぎて違和感がありました。逆にクレアの方は文句の付けようがないくらい素晴らしい出来だったと思います。

問題はストーリー。ゲームやってることが前提なのか、いろいろ説明不足という感じ。
バイオといったらゾンビなんですが、序盤の空港でしか出番がありません。(後半は研究所でGとの決戦)個人的には空港からの脱出が全てで残りがおまけみたいで物足りなさが残る感じです。

あとはクレアの扱い。主人公のはずなのにアクションシーンが序盤のゾンビの所しかない事。後半は殆ど空気状態。レオンとクレアのタッグでのアクションが見たかったのは私だけでしょうか・・・。


まぁ、全体を見て個人的には実写版より好きです。ゲームの延長という感じで、ここら辺は流石!って所ですね。

お約束のカウントダウンもあり、続編も期待出来る内容ではあるので、バイオファンはチェックしてみてはどうでしょうか?

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://wondering3rdplanet.blog116.fc2.com/tb.php/676-ec0f6a42

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。