HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類

東方緋想天 八雲紫考察 対パチュリー

相手は射撃特化のキャラのはずなのだが、パチュリーの主力C射撃はこちらのB射撃でほぼ相殺可能で、こちらのC射撃はパチュリーの6C、サマーレッド、オータムブレード以外に負けないという何故か撃ち合いで有利。中距離はC射撃、C禅寺があるためゆかりんの距離で近接はパチュリーも強い方ではないので、遠距離で立ち回るしかないので強気に立ち回ろう。スキルカードはパチュリー使いによってまちまち。個人的には打撃無敵のエメラルドシティに注意。切り返しが強くなるうえ、ヘタに喰らうとスペルカードでキャンセルして大ダメージを喰らう羽目になる。注意スペルカードはサイレントセレナとロイヤルフレア。前者は無敵時間が長く、魅力の暗転見てから割り込んで来るので注意。フレアは削りダメージ、直接ダメージともパチュリー最大のスペカ。他のキャラと違い、ゆかりんはダッシュにクセがあり連続ダッシュによるグレイズが出来ない。大人しくガードが安定。魅力セットされていて、霊力が溜まって入るなら暗転と同時に前ダッシュ、霊力ゲージひとつ消費したあたりで魅力を撃つとフレアを抜けられる上、吸い込み効果で引き寄せフレアが終わると同時にヒットさせられるが無理は禁物。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://wondering3rdplanet.blog116.fc2.com/tb.php/72-a075dcbc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。